Jump to content


Update 4.2 での重要な変更点

自走砲からの脅威

  • Please log in to reply
No replies to this topic

salomon2007 #1 Posted 25 December 2017 - 01:40 PM

    Captain

  • Players
  • 38724 battles
  • 1,866
  • [TTORS]
  • Member since:
    02-28-2014
アプデ4.2の目玉はTier10までの軽戦車ツリーの伸張ではなく、実はこれまで「発見された(spotted)」とされていたのが「狙われている(targeted)」に変わった事と、直接射線が通る(相手を視認出来る)場合以外即ち俯瞰視点の自走砲に狙われている場合は一切警告が出なくなった事ですかね。勿論第6感パークを所有していると回りに自分を見てそうな敵が居ないのに点灯していれば「これは自走砲が狙っているな」と判断出来るのですが、まだ第6感を所有していないと自走砲に狙われていることに全く気付かないため、行き成り爆散という事が有り得ますからね。特に自分が自走砲を使っていて(第6感を取れるほど経験値が溜まっていない。それより戦友を優先するため)撃ち方に夢中になっていて突然バーンと自車輌が吹き飛ぶ時など心臓に悪いぐらいにビックリしますから。まあPC版では大口径の自走砲のダメージが大幅に弱体化されてスタン効果(一定時間機能が落ちる)に入れ替わった代わりの措置なんでしょうけれど、こちらコンソール版ではまだ自走砲はナーフされていないのにいきなり発見システムの変更をやらかしてくれるんですから堪ったものでは無いですね。:sceptic:




1 user(s) are reading this topic

0 members, 0 guests, 0 anonymous users